南方熊楠 森羅万象の探究者

伝記を読もう 18

南方熊楠 森羅万象の探究者

新藤悦子 文/野見山響子

小学校中学年

出版社
あかね書房
判型(サイズ)
A5判
ページ数
144ページ
初版
2019年3月
ISBN
978-4-251-04618-5

定価1,650円 (本体1,500円+税)

カートにいれる

日本でも海外でも、自由に生き、研究に没頭した熊楠。変わり者と言われた数々の逸話。熊楠が追い求めた物は何だったのでしょう。
南方熊楠を、ひとことで紹介するのは難しいことです。熊楠は、博物学、生物学、民俗学……夢や宗教の研究。この宇宙に存在するすべてもの、つまり森羅万象を知ろうと、追い求めたのです。関心にはきりがなく、興味はひろがりふかまって、謎の答えを探し求めずにはいられない人なのです。「〇〇をした人」といういい方はできなくて、あったのはただ、南方熊楠という生き方だけ。それは、どんな人生だったのでしょう?

関連商品